いつか趣味は刺繍と言えるまで

趣味と言いたい刺繍と日々について

tapestry cat その13

前回。

f:id:KeiKeiuhuhu:20190902110532j:plain

今回。

f:id:KeiKeiuhuhu:20190906085320j:plain

 

先日、よく行く子育て支援センターで保育園の選び方のお話し会がありました。私は妊娠中仕事を辞めざるをえず、今は専業主婦です。まあ、保育園はまだいいかなとは思ったのです。でも、夫婦で子供をどう育てるかきちんと話し合っていなかったことに気づきました。こういうのをきっかけに、お話し会の情報を共有がてら夫に話したところ、夫は妊娠中に仕事をしている時の「こういう風にしようか」で止まっていました。夫婦の話し合いはやっぱりしないとな、と反省。

 

さて、妊活中のお話しです。

自分の体質で子供を産んであげられなかった、ということがショックでした。しかしその一方で、次の妊娠では対策を打つことができると医師に言われ、少し楽観視している部分もあり、再びタイミング療法で妊活を始めることになりました。

医師も私たちも「タイミング療法で妊娠したのだから」という感じで、流産後の1年は心に余裕があり、タイミングを合わせる感じで妊活していました。

しかし1年経っても妊娠しません。私も37歳です。そろそろ次のステップを考えようか、という流れになりそうな時、夫の妊孕力が落ちていることがわかりました。

そして、私も流産後のストレスで1年かけて8キロほど太ってしまいました。

 

今日はここまで。

読んでくれてありがとうございました。