いつか趣味は刺繍と言えるまで

趣味と言いたい刺繍と日々について

tapestry cat 改良点①

前回、改良したところがあると載せました。

今のところいい感じになっているので、記念に上げておこうと思います。

 

ニードルオーガナイザーを作ったところ。

tapestry catを刺すようになって気がついたのは糸替えの多さでした。私は1×5目のパーキング方法で刺していますが、頻繁に糸を替えています。そしていちいちフロスオーガナイザーに戻していました。

途中で気付くわけですね。私、刺している時間よりも糸を替えしている時間の方が絶対多い。

 

同じようにクロスステッチブログを書いている、そして私が訪れてはモチベーションを上げている、ななこさんのブログで自作ニードルオーガナイザーを紹介していました。

 

nanako-blog.hatenablog.com

 

ななこさん素敵です。

 

私も作ってみようと思い、針山用の綿を買いに100均に行ったのです。でも手芸コーナではたと考えました。

ななこさんは格子柄のいい感じの布を使ったけど、うちにないし、売ってもないぞ? 番号、刺繍するの? 布を袋にして綿詰めて、縫って封するの?

 

私にできるはずがない、こんなこと(断言)。

どのサイトを見たか覚えていないけど、針山をメラミンスポンジで代用する人もいるので、それを買って帰ろう。

 

ななこさんのニードルオーガナイザーで参考にしたのは、

・糸に番号を振ること

・お菓子の箱を使うこと(子供が小さいので蓋は必須)

です。特に糸に番号を振るというのは、おおっ!って思います。メラミンスポンジに記号を描こうとすると、スポンジがどんどん筆圧で削れてしまうので、番号が限界でした。

 

出来上がったのはこちらです。

 

f:id:KeiKeiuhuhu:20200522214807j:plain

 

スポンジがボロボロになったら掃除に使います。

 

まだささやかに改良したところがありますが、これはまたあげようと思います。

今日はここまで。

読んでくれてありがとうございました。

 

1日も早くいつも通りの日々が戻りますように。