いつか趣味は刺繍と言えるまで

趣味と言いたい刺繍と日々について

tapestry cat その53

前回。

f:id:KeiKeiuhuhu:20200901002033j:plain

今回。

f:id:KeiKeiuhuhu:20200907052107j:plain

9月に入っても寝落ち率が高く、刺せない日が続いてます。

自分の戒めと記録のため載せます。長いです。

4日の夜明けに背中がスーッと冷えて、体の節々が妙に痛いなぁ、と思ったら発熱してしまいました。

実はその5日ほど前、地元の温泉に実家の母と子供と行きました。帰りに北陸のスガキヤがなくなる!青春の味!食べねば!と、スガキヤのあるショッピングモールのフードコートに行きました。温泉の更衣室は平日にもかかわらず、少し密気味で、スガキヤも閉店を惜しむ人で行列でした。

母と子供は机で待ってもらい、私だけスガキヤに並んでいたら、学生さんくらいの年齢の男性が8人ほど、マスクをせずにしゃべりながら私の後ろに並んできました。並んでいる間も何やらずっと喋ってました。時々咳もしていました。

スガキヤは行列にもかかわらず、スタッフは2名でさばくので、はけませんでしたが辛抱強く待っていました。

 

絶対後ろに振り返って彼らの方向に目と鼻と口を向けてはいけない!と緊張しながら待っていました。

 

そんな時間を過ごして…、の発熱だったので正直新型コロナか!?と焦ってかかりつけの医院に電話をすると「発熱の場合は、保健所に連絡してください。帰国者接触センターです」と言われてそちらに電話するも、いくつかのヒアリングの後「現時点で検査に該当しないので、再度かかりつけにご連絡ください」と言われてしまいました。

結局かかりつけで受診できましたが、診察の結果、どうやら「細菌性の腸炎」とのことでした。

 

診察が終わり医院の隣の調剤薬局で薬を取りに行ったら、安心しすぎたのか目眩でぶっ倒れてしまいました。そのまま医院のナースさんが車椅子で私を運び、医師の判断のもと点滴を受けて帰りました。

 

腹痛と緩い排泄がまだ続いていますが、5日からいつも通りにご飯作って過ごしてます。

 

普段だったら風邪がお腹についたかなぁと思う症状も、新型コロナかと疑う始末。

 

マスクはできない人も一定数いるので(体質的に、精神的に無理って人がいる)、マスクをしない人たちを非難する事はしないように、と心がけるけれど。

スガキヤに並んだ私の後に並んだ男性たちはどう見ても「するのめんどくさい」んだろうなぁという雰囲気でした。せめて喋らないで…、と思うのですが、やはり仲間が集まればしゃべりたいもの。

 

今回の教訓

行ってみたけど蜜になりそうだったら、残念だけど諦める潔さを持とう。

引き続き手洗いうがい、マスク着用!

友人たちと集まるのはもう少し我慢!

 

読んでくれてありがとうございました。